読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸術的トマソン

私には何もありません。

なんとなく察した。俺たぶんバイト契約のままっぽいな。
自分で選んだ道だけども、やっぱり厳しいな。

時おり、自分をこんなめに合わせてきた人たちを恨むし女性や人間全体に怒るけど、時おり、皆が幸せであればいいと思う。

ふと冷静に考えると、生きている意味の無さに気がつく。なのに、すがり付いてでも生きるしかないと思うときがある。

あらゆる面において、自分の努力が足りないことに気がつく。でも、体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいだったりする。

このまま愛することも、愛されることもなく生きていく、のか。

私に心配されたくない人を何人か見てきたので、何か言うことが怖い。
支えると言っても連絡を絶たれたり、そういうことがあったから。
結局私は愛することはもちろん、心配することすら許されないのはわかってる。

だから、生きていてくれればそれでいい。

それですら重荷……か、な。

例えお世辞でも
「優しい人だね」
と言われるたびに優しい人では無い、と思う。
それと同時に、俺が優しくないことに気がついたらこの人はどうするのだろう、と考える。

気が弱いだけなんだよな、ほんと。

考えると

よく考えると俺は見捨てられ不安が強いんだな。
人に嫌われるのも怖い。
さらに、○○すれば好きでいてもらえる、という考え方で人に接する。だから無償の愛などというものを人に与えることが難しいわけだ。愛するから愛せという願いだな。
だからこんな状態になってしまう。

○○すれば愛されるといったような考え方になった理由は、容易に想像がつく。
かといってそのせいにしても仕方がない。
直せる部分を少しずつ直していって、あまり深く人と関わらないのが一番かも。
自分も他人も客観視する練習をしてみよう。

ずっと前にブログで書いたけど、「人を好きになれない」という人は恋愛をしてはダメだ。相手を傷つける。
孤独が怖いから覚悟して一人になろうとした人間を引っ張り出して。
「付き合ってくれ」だとか言って。
それなのに自分は鬱になって、人と関わらなくなって。「支える」と言ったら「嬉しいけど、人を好きになれない」。
挙げ句何を言ってももはや何も帰ってこない。

人格破綻者は人と交際してはいけない。
一人でいればよかった。一人で。

名前をつけたい

短気だから表に出さないだけで、心のなかで怒りの感情が湧くことがある。

怒りで頭のなかがいっぱいになって、でもしばらくすると自己嫌悪に陥る。

なのに「やっぱり自分は悪くない」と思い出す。

 

この中途半端な感情に名前をつけたい。