読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸術的トマソン

私には何もありません。

「ファミスタリターンズ」ソフトバンク選手紹介文まとめ

 

続きを読む

「ファミスタリターンズ」広島選手紹介文まとめ

 

※一部選手入手できず

 

続きを読む

「ファミスタリターンズ」中日選手紹介文まとめ

 

ファミスタリターンズのキャッチコピー&選手紹介文 中日。

※一部選手入手できず。

 

続きを読む

「ファミスタリターンズ」ロッテ選手紹介文まとめ

 

※一部選手は入手できず。

 

続きを読む

「ファミスタリターンズ」楽天選手紹介文まとめ

ファミスタリターンズには、一人の選手ごとにキャッチコピーと簡単な紹介文がある。

まずは、色々考えたが楽天からまとめてみる。

嶋基宏のカードは入手できず。

続きを読む

鬱とモノを捨てること

tomasonkarimura.hatenablog.com

この記事のアクセス数が未だに多いので、記事を書く。

だいたいの検索ワードは自殺に関するもので、身辺整理とか、自殺を決めたら楽になったとか、そういうものが多い。

 

この記事を書いてから少し経ったが、今でもモノを捨てた効果はあったと思っている。

捨てた直後の爽快感ほどではないが、以前ほど酷い鬱には襲われていない。

今でも、自殺を考えるほどの鬱に見舞われた人はモノを捨てて、掃除をするべきだと思っている。

 

なぜか?

まず、経験として重症度の鬱に見舞われた人は、部屋が汚くなっている場合が多い。

そして、鬱→気力がない→掃除ができないから部屋が汚くなる→汚い部屋のでますます鬱になる

というループに陥る。

自殺失敗直前の私の部屋は、ペットボトルや、空の弁当容器が散乱していた。

無論、水回りは汚かったし、空いているスペースも無かった。

 

しかし、その後、身辺整理でほぼ全てのモノを処分したあとは、気が休まった。

まず、単純にモノが無いだけで、気分が少し安らぐ。

また、掃除も楽になる。掃除が楽になると、今度は気力が無くても、少しだけの手間で身の回りが綺麗になる。

綺麗になると、鬱が少し和らぐ。

汚い悪循環が、一転して綺麗な好循環に変わった。

 

「鬱なのに、動けるわけないだろ」

と言われるかもしれないが、鬱状態でも、少しだけ気力がある時が生まれる場合がある。

あまりにも重い場合は身辺整理を兼ねてもいいだろう。

その時に「どうせ死ぬのなら」と思い切って、気力がある時に少しずつ捨ててしまおう。

さらに気力があれば、一気に捨ててしまう。

 

これで、いきなり鬱が全快するとか、そんな効果があるわけではない。

また、月日が経つうちにまた物が溜まることもあるだろう。

それでも、捨てた直後の効果は大きい。

鬱の人はぜひ試してほしい。

大場翔太・清水直行の野球年表

2ちゃんねる某スレッド風に選手紹介

 

 
2000 埼玉県予選での中里の投球を見て、投手になることを決意。
 
2001〜2003 多田野の母校、八千代松陰に入学。多田野を尊敬しているなどと言っていたが、在学中に尊敬の念はどう変わったのだろう。また、中里が中日で活躍するのを見て、いずれは自分も中日に……と希望を抱く。
 
2004〜2007 東洋大学に進学。監督に宇宙人と呼ばれる。平成の鉄腕と呼ばれ東都リーグ最多奪三振を記録するが、それまでの記録の1位2位が小池秀郎山岸穣なので、さっぱりあてにならない。
 
2008 6球団から1位指名を受けるが、結局ソフトバンクに入団。早速、初登板で楽天相手に無四球完封勝利。続くロッテ戦で16奪三振&無四球完封の好投を見せるが、相手が楽天とロッテなので半ば参考記録扱い。案の定、シーズン途中から打たれ、3勝止まり。
 
2009 キャンプで「巽はライバルなので話しかけません」と宣言するが、直後の紅白戦でボコボコに打たれた巽を励ます。シーズンでは大引に頭部死球をぶつけ、わずか8球で退場。また、74回で43与四球と制球難を露呈。ブログを始めるがひらがなが多く、鷹ファンを不安がらせる。
 
2010 シーズンではさっぱりで、WHIP2.90と1イニング平均で約3人の走者を出す。しかし二軍とオフのウィンターリーグでは活躍。監督のリベラに「メジャーでも活躍する」と言われたが、たぶんこの人はスカウトには向いていない。また、この時のインタビュー動画で視線があっていない挙動不審な姿を見せ「こいつはヤバい」と全国の野球ファンに知らしめる。
 
2011 大引に二度目の頭部死球を与え、わずか6球で退場。違反球のおかげで便利屋として防御率2.55と活躍する。また、このとき「1、2、3、オイサー!」という掛け声を流行らせようとするが、これ以降お立ち台に立つことが無かったため、さっぱり流行らなかった。オフには和田の自主トレに同行するが、夜中にスナック菓子とアイスを食べて温厚な和田を怒らせる。
 
2012 違反球のおかげで防御率2.38を記録するが、2勝止まり。オフに万年投手不足のDeNAへのトレードが噂されたが「神内の方がまだいい」ということになり破談。
 
2013 違反球が終わった途端に打たれ始め、防御率5.26。チャンスはもらえていたのだが。大引に三度目の頭部死球を与え、キレられる。
 
2014 チャンスを生かせなかった反動で干される。二軍でもさっぱり。オフに因縁の大引が大場から逃げるためヤクルトに移籍。
 
2015 遂に登板なし。二軍でもわずか10試合の登板に終わる。アマ時代の栄光やいずこ。オフに中日に金銭トレードで移籍。大引の悲鳴が神宮の夜空にこだまする。
 
2016 登板なし。あこがれの中里と同じ球団で復活を遂げることはできなかった。引退後は競輪選手になるとかならないとか。
 
 
1991〜1993 名門報徳学園に入学。これといった話題は無い。
 
1994〜1997 日本大学に進学。これといった話題は無い。地味だ……。
 
1998〜1999 落合、初芝、戸部とロッテにゆかりがある東芝府中に入社。都市対抗でさっそく満塁弾を打たれる。
 
2000 ロッテという清水らしいチームに入団。先発や中継ぎで登板するが防御率6.12。与四球が多く、パワプロでコントロールGに設定される。
 
2001 中継ぎで31試合に登板。期待の若手と呼ばれるが、この時点で既に26歳。
 
2002 先発転向。開幕12連敗を阻止する勝ち星を挙げ、最終的に14勝。黒木に代わるロッテのエースとして期待される。また、最多被本塁打も記録し、以後、成瀬へと続くロッテのエース=被本塁打王という系譜を築く。
 
2003 馬車馬のように投げ、204回1/3を記録。15勝を挙げ名実ともにロッテのエースとなるが、いかんせん地味。被弾は派手なのに。
 
2004 10勝11敗という清水らしい成績。他にロッテから選ぶ選手がいないので、アテネ五輪に呼ばれる(先発として勝ち星は挙げた)。
 
2005 登板する際にタオルを回すパフォーマンスをするが、やっぱり地味。10勝11敗という清水らしい成績に落ち着くがチームは優勝。また、被本塁打王も記録した。
 
2006 WBCに選出。案の定アメリカ戦で同点ホームランを打たれ、世界にSHIMIZUの名を知らしめる。シーズンでは10勝8敗と勝ち越すがチームは4位。なぜかこの年被本塁打わずか9という成績でロッテファンを困惑させる。オフにはラジオのパーソナリティを務める。アナウンサーとの軽妙なやりとりが人気を博し、関西弁の面白い人だとリスナーに思わせるが、それでも地味。なぜだ。
 
2007 6勝10敗と不調。成瀬が17勝1敗と大活躍するが、清水から一発病を受け継ぐ。
 
2008 13勝を挙げ、復活。「やっぱりロッテのエースは清水だ!」と私が歓喜する。オフに2年約5億の契約を結ぶ。
 
2009 6勝に終わる。オフに、5億円で日大出身という共通点を持つ那須野とパスボーラー斎藤との交換で横浜に移籍。2年契約の半分の年俸を横浜に押し付けるロッテのフロントが白い目で見られる。
 
2010 10勝11敗という清水らしい成績。また、狭いハマスタのせいか、26被本塁打を記録し、ロッテの自虐的なファンを歓喜させる。この年、ハマスタで清水のユニを着て観戦する私の姿がたびたび目撃される。那須野は登板がなく、斎藤はコバヒロのスライダーが捕れず、一年でオリックスに飛ばされる。
 
2011 怪我で7試合の登板に終わる。那須野がクビになり「野球とは関係無い仕事をしたい」と週刊誌でのたまう。斎藤が35試合でリーグ最多の7捕逸を記録し、オリファンを阿鼻叫喚の渦に叩き込む。
 
2012 怪我の影響で登板なし。オフに自由契約となる。斎藤が51試合に出場し、投手陣を崩壊させる。当然、捕手批判大好きな岡田監督が激怒し、二軍へ。あのトレードは経費を削減したロッテフロント以外、誰が得をしたんだろうか。
 
2013 リハビリをしながら解説者となる。ロッテ戦で清水が解説していると嬉しいような悲しいような不思議な気持ちになる。
 
2014 なぜかニュージーランドに行く。6月にマリンで引退式。ロッテファンの涙を誘う。オフにニュージーランド航空の機内安全ビデオに登場。あの地味だった清水が……と感慨深い思いになるが、搭乗客として出演しただけだった。やっぱり地味なのか。また、ロッテに石川歩が入団。なんともいえない成績で新人王を獲得する。
 
2015 ニュージーランド代表の投手コーチに。ロッテファンがWBCではニュージーランドを応援することを誓う。が、ロッテに戻ってきて欲しいというのが本心。二年続けて石川が清水のような成績を残す。
 
2016 翌年のWBCのために頑張っている。石川がタイトルを獲得したが、さっぱり話題にならず。いよいよ清水二世となるか。