読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸術的トマソン

私には何もありません。

拝啓、十五の自殺する君へ

思ったこと

youtu.be

夜中、中学校に忍び込み非常階段の手すりにベルトを掛けている君へ。

ベルトで首を吊っても失敗します。金具が、あなたの体重で壊れてしまいます。

あなたは落下し、額から血を流し、意識を失うことになります。

 

生きていればいいことがある、なんて言えません。

いいことも少しはあるけれど、悪いことの方が倍以上あります。

あなたは、あの時死ぬことができていたらと何度も思うことになります。

その後も数回首を吊り、失敗します。

二十三歳の時は一年に二度も未遂に終わりました。

 

あなたが今、死ぬことができれば、親が無駄に養育費を払う必要もありません。

将来、自殺直前に両親から「今まで使った金を返せ」と言われることもありません。

鬱で高校に行けなくなることもありません。壊れた身体が痛むこともありません。

手術をする必要もありません。就職活動で疲れることもありません。

涙を流す必要もありません。自分に失望することもありません。

 

でも今、私は生きています。

二十歳を超えても生きています。首にアザがあるけど、生きています。

住所もメールアドレスも電話番号も変えて友達も知り合いも消したけど、生きています。

自分は二十歳まで生きられないと思っているでしょうが、生きています。

あなたを馬鹿にしてきた連中はいい大学に行き就職しますが、生きています。

努力をしないあなたを恨んでいますが、生きています。

50kg未満の体重で病弱ですが、生きています。

過去を悔いてばかりですが、生きています。

 

生きています。