芸術的トマソン

私には何もありません。

「この世界の片隅に」を観た人々

この世界の片隅に」を絶賛する友人・知人がいたので観に行った。
映画館で観るのは好きだが、年に一度くらいしか向かわない。理由は単純、値段が高いから。
でも、今回は行ってよかった。
感想、レビューは他の人に譲って、今回は「この世界の片隅に」を観た人を見た話をする。

観た映画館は東京の下町に建っていた。この場所であれば空いているだろう、と思い平日昼間に向かう。
中にいたのは招待券を持ったお年寄りばかりで、館内も小さく、席も空いていた。
空咳などが気にならないだろうか、と心配していたが映画が始まってみると、それも杞憂に終わった。

静かだ。だが、ほのぼのとしたギャグで笑う。戦時中を経験した人なのか、小学校では土いじりしかしない、というセリフに笑う人もいた。文字に起こすと「ふふふ」という形だろうか。なぜだか安心するような、そんな気分になれた。
終盤では泣く声、鼻をすする音が聞こえた。
「ああ…」という声も。

エンドロールが終わると、真っ先にサラリーマン風の男性が出て行った。急いでいたのか、はたまた泣き顔を見られたくなかったのか。
老人たちを見る。
目をはらしながらも、ほっとしたような顔だった。当時を経験したのかしなかったのか、それはわからないが、思うことがあったのだろう。

この人たちは何を観たのだろう。昔見たものか、今観たすずが生きている姿か、それともこれからの未来か。
戦争という要素が入りながらも、すずの日常を丁寧に描いたこの作品を観て、何を思ったのだろう。生きてきたこと? それともこれからも生きていくこと? 

たぶん、人によって違ったり、全てを観た人がいたりするのだろう。
この作品を、恐らくは私以上に感じられた彼ら、彼女らを羨ましく思う。



えっ? この文章を書いてるお前は何を観たのかって?
今をしっかりと観ましたよ。辛いことがありながらも今を生きるすず達を、ね。


追伸:キャラメルを買いました。甘いです。あと、圧倒されたのか帰りの電車を逆方面に乗ってしまいました。ここはどこね……?
f:id:tomasonkarimura:20161118180517j:plain