芸術的トマソン

私には何もありません。

鬱とモノを捨てること

tomasonkarimura.hatenablog.com

この記事のアクセス数が未だに多いので、記事を書く。

だいたいの検索ワードは自殺に関するもので、身辺整理とか、自殺を決めたら楽になったとか、そういうものが多い。

 

この記事を書いてから少し経ったが、今でもモノを捨てた効果はあったと思っている。

捨てた直後の爽快感ほどではないが、以前ほど酷い鬱には襲われていない。

今でも、自殺を考えるほどの鬱に見舞われた人はモノを捨てて、掃除をするべきだと思っている。

 

なぜか?

まず、経験として重症度の鬱に見舞われた人は、部屋が汚くなっている場合が多い。

そして、鬱→気力がない→掃除ができないから部屋が汚くなる→汚い部屋のでますます鬱になる

というループに陥る。

自殺失敗直前の私の部屋は、ペットボトルや、空の弁当容器が散乱していた。

無論、水回りは汚かったし、空いているスペースも無かった。

 

しかし、その後、身辺整理でほぼ全てのモノを処分したあとは、気が休まった。

まず、単純にモノが無いだけで、気分が少し安らぐ。

また、掃除も楽になる。掃除が楽になると、今度は気力が無くても、少しだけの手間で身の回りが綺麗になる。

綺麗になると、鬱が少し和らぐ。

汚い悪循環が、一転して綺麗な好循環に変わった。

 

「鬱なのに、動けるわけないだろ」

と言われるかもしれないが、鬱状態でも、少しだけ気力がある時が生まれる場合がある。

あまりにも重い場合は身辺整理を兼ねてもいいだろう。

その時に「どうせ死ぬのなら」と思い切って、気力がある時に少しずつ捨ててしまおう。

さらに気力があれば、一気に捨ててしまう。

 

これで、いきなり鬱が全快するとか、そんな効果があるわけではない。

また、月日が経つうちにまた物が溜まることもあるだろう。

それでも、捨てた直後の効果は大きい。

鬱の人はぜひ試してほしい。