読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸術的トマソン

私には何もありません。

「ファミスタリターンズ」ロッテ選手紹介文まとめ

 

※一部選手は入手できず。

 

 

涌井秀章 闘志を秘めるエース

ロッテ先発陣の大黒柱。威力のあるストレートと多彩な変化球を武器に、バッターを打ち取っていく。沢村賞に輝いたこともある右腕には、"エース"の称号がよく似合う。

 

西野勇士 球界を代表する守護神

育成枠からはい上がった守護神。2014年からクローザーに転向すると、落差のあるフォークを武器にセーブを重ねた。侍ジャパンにも選出されるなど一躍全国区に。

 

木村優太 忍耐強いメンタル

190センチの長身を誇るサウスポー。7年目の30歳を目前に、うれしいプロ初勝利を手にした。遠回りの野球人生を送ってきた左腕は、チームへのさらなる貢献を誓う。

 

金森敬之 はい上がった苦労人

紆余曲折を経て戻ってきた苦労人。一度NPBを戦力外になったあと、独立リーグから返り咲いた。投げられる喜びを力に変え、与えられた持ち場で存在を示す。

 

内竜也 極上のカットボーラー

大部隊で力を発揮する右腕。140キロ台後半の速球と、切れ味鋭いカットボールのコンビネーションで打ち取る。

 

松永昴大 強気なサイドハンド

ふてぶてしさが頼もしい左のリリーバー。強気のピッチングが持ち味で、打者のインコースを果敢に突いていく、一方で、マウンド付近にいたクワガタを救う心優しい一面も。

 

上野大樹 熱き魂の便利屋

実直な人柄でブルペンをまとめる、投手陣の兄貴分。球速こそさほど速くないものの、気持ちで抑えこんでいく。練習熱心でも有名で、ファン思いにもあふれたナイスガイ。

 

大谷智久 幕張の海坊主

"幕張の海坊主"の愛称で親しまれるセットアッパー。入団以降は先発・中継ぎと、さまざまなポジションを経験。守護神へバトンをつなぐ、勝利の方程式の一角を担う。

 

益田直也 トルネード投法

かつて新人王に輝いた救援右腕。トルネード気味のサイドスローから投げるフォームで、打者に脅威を与える。心身ともにタフネスぶりを発揮し、チームに欠かせない存在だ。

 

古谷拓哉 緩急自在の苦労人

コーナーを丹念に突く、遅咲きの苦労人。ブレークした2013年にはノーヒットノーランまであと1人に迫ったことも。天体に造詣が深く、頭脳的な投球で相手を料理する。

 

唐川侑己 ゲームコントローラ

地元出身のエース候補。しなやかな腕の振りから繰り出す、キレのいいスライダーが武器。若手から中堅に差しかかり、投手陣の柱として存在感を発揮する。

 

チェン・グァンユウ 飛躍を目指す左腕

入団テストを経て加わった台湾出身左腕。小気味の良いピッチングから、キレのある直球を投げ込む。DeNAでは出番に恵まれなかったが、チームのために腕を振り続ける。

 

藤岡貴裕 左のエース候補

飛躍が期待される本格派左腕。右打者の内角を突くクロスファイアーは威力十分だ。ムラをなくし安定感がついてくれば、一気に左のエースとなれるはず。

 

イ・デウン 韓流イケメン助っ投

力のあるストレートが武器の韓国出身右腕。140キロ台後半を計測する速球に加え、スプリットを決め球に三振を奪う。端正なマスクで、女性ファンの人気も高い。

 

サブロー チームの大黒柱

勝負強い打撃が持ち味のクラッチヒッター。日本一となった2005年には、"つなぎの4番"として活躍。酸いも甘いも知り尽くしたベテランは、チームの精神的支柱だ。

 

角中勝也 天性の打撃センス

能登が生んだヒットメーカー。手元まで引きつけて打つバッティングスタイルは、左右どちらの投手も苦にしない。独立リーグ出身者では初となる首位打者を獲得した。

 

伊志嶺翔大 未来の切り込み隊長

広大な守備範囲を誇る外野手。高い身体能力が売りで、シュアなバッティングも魅力。新人年に30盗塁を決めた実績を持つだけに、俊足ぶりでもチームに貢献していく。

 

加藤翔平 期待のスター候補

走攻守すべてをハイレベルに兼ね備えたスイッチヒッター。細身の体格ながら、パンチ力のある打撃を見せる。守備では高い身体能力を武器に、広い守備範囲をカバー。

 

岡田幸文 最強の守備職人

幾多のピンチを摘み取ってきた守備職人。常人離れした反応の鋭さでヒット性の打球をキャッチし、投手陣を救う。デビューから連続打席本塁打なしのプロ野球記録を樹立した。

 

荻野貴司 異次元の俊足

自慢の俊足が武器のスピードスター。新人年に盗塁を量産し、鮮烈な印象を残した。ケガの多さが玉にきずだが、グラウンドをさっそうと駆け回る姿はファンの心を離さない。

 

ハフマン 全力プレーの助っ人

テスト入団で加わった助っ人外野手。攻守にわたって気迫を全面に押し出すプレースタイルは、ファンの心を揺さぶる。チームに有形無形の力をもたらしてくれる存在。

 

細谷圭 新世代大砲の卵

レギュラー獲得を狙う大型内野手。チームの主軸候補として、二軍では毎年成績を残し続けている。スケールの大きな打撃は魅力だけに、確実性を高めスタメン定着を狙う。

 

大嶺翔太 弟の意地

進境著しい期待の若手内野手。思い切りのいい打撃で、プロ初安打を本塁打で飾ったスラッガー候補でもある。兄・祐太とともに、これからのチームを背負っていく存在だ。

 

中村奨吾 即戦力ドラ1ルーキー

ドラフト1位で入団した期待の内野手。堅実な守備と走塁は、すでに高いレベルにある。ユーティリティー性にも優れ、幅広い起用に応えてプロの世界でも生きていく。

 

根元俊一 流し打ちの天才

巧打を売りとする左の内野手。細身の体ながらパンチ力を秘めたバッティングと、しぶとく粘って出塁を勝ち取る術を持つ。ポジション争いを制し、再び存在感を発揮する。

 

クルーズ 勝負強いメキシカン

勝負強さが光る助っ人内野手。チャンスにめっぽう強く、レフト線を鋭く襲う打球を飛ばすのが特徴的。守備ではさまざまなポジションを器用にこなしてくれる。

 

井上晴哉 幕張のアジャ

力強さと柔らかさを兼ね備えたスラッガー。恵まれた体格を生かしたパワーに加え、逆方向へ流し打つ器用な打撃を見せる。ルーキーイヤーには開幕4番の大役も務めた。

 

大松尚逸 左の和製大砲

チームに貴重な左の大砲。ファンが待つらいトスランドへ、幾度も鮮やかな放物線を描いてきた。満塁で無類の強さを誇り、1シーズンに3本のグランドスラムを放ったことも。

 

井口資仁 世界一を知る男

日米通算2000本安打を達成したベテラン強打者。ライト方向へ伸びる打球は、彼ならではの専売特許だ。百戦錬磨の経験は、若手にとっていい手本となる。

 

肘井竜蔵 長打力が光る期待の星

将来が楽しみな巧打のキャッチャー。支配下登録を勝ち取った2015年は、プロ初安打を放つなど、存在感をアピール。肘を突き出すポーズの応援スタイルは、ファンにも人気。

 

吉田裕太 強肩強打を誇る捕手

地元・千葉出身の期待の若手キャッチャー。守備では強肩と正確な送球、打撃でも存在感を見せ、総合力で勝負。激しい正捕手争いを制し、チームの中心へと飛躍を遂げる。

 

田村龍弘 成長著しい若き扇の要

物おじしない性格が売りの正捕手候補。リード面ではまだまだ勉強中も、先発マスクの試合数は着実に増加している。さらなる経験を積んでいき、正妻への階段を上っていく。