読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸術的トマソン

私には何もありません。

「ファミスタリターンズ」中日選手紹介文まとめ

 

ファミスタリターンズのキャッチコピー&選手紹介文 中日。

※一部選手入手できず。

 

 

岩瀬仁紀 歴戦の見届け人

球界初の通算400セーブを達成した不世出のリリーバー。15年連続50試合登板など、圧倒的な実績で相手を圧倒する。近年は体調が思わしくないが、健在ぶりを示したい。

 

高橋聡文 手加減なしの全力投球

真上から投げ込む豪快なフォームで打者を抑える救援左腕。小柄ながら角度のある速球とフォークが武器。近年は故障もあり苦しんでいるが、かつての輝きを取り戻したい。

 

田島慎二 強気な直球勝負師

スリークォーターから150キロ超のスピードボールを投げ込む救援右腕。コントロールにはやや難があるが、相手に的を絞らせない。落差の大きいスプリットも武器の一つ。

 

岡田俊哉 切れ味抜群の左腕

キレのあるストレートで打者の胸元を突く細身のサウスポー。マウンド上では強気の姿勢を貫き、勝負を挑む。場面を問わず起用され、今やブルペンに欠かせない存在。

 

浅尾拓也 躍動するリリーフ王子

球界屈指のイケメン投手として知られるリリーバー。コンパクトな腕の振りから快速球を投げ込み、打者の振り遅れを誘う。素早いけん制とバント処理にも、絶対の自信を持つ。

 

祖父江大輔 たたき上げリリーバー

投げっぷりの良さを持ち味とする救援右腕。マウンド上で眼光鋭く相手をにらみ、決め球スライダーで三振を奪う。本格的に投手を始めたのは大学入学後という変わり種。

 

又吉克樹 快投ルパン

サイドハンドから快速球を繰り出す右腕。高い奪三振率を誇り、特に外国人打者には絶対の自信を持つ。ひょうひょうとした風貌と勝ち運から"ルパン"と呼ばれることも。

 

福谷浩司 若き剛球守護神

150キロを超える剛速球で打者を押し込むリリーバー。強気を貫くマウンドさばきが持ち味で、試合を締めくくる役割を担う。理工学部卒の経歴を持つ秀才としても知られる。

 

小熊凌祐 大型テクニカル右腕

制球力の高さに定評がある若手右腕。キレのあるストレートにスライダーを交え、アウトを積み重ねる。プロ初勝利は5点ビハインドから転がり込んだという、強運の持ち主。

 

八木智哉 カムバック新人王

打者との駆け引きに果敢に挑む変則サウスポー。クロスファイアーとシンカーで低めを突くのが持ち味。かつての新人王は、キャリア初のセ・リーグ再起を目指す。

 

山本昌 生きるレジェンド

投げるたびに最年長記録を更新するレジェンド左腕。50歳を迎えても若々しい投球で打者に立ち向かい、ファンに勇気を与える。ラジコンや昆虫採集など、私生活では多趣味。

 

武藤祐太 信頼高い剛球右腕

球威のあるストレートが持ち味の右腕。スライダーやシュートの横の揺さぶりで打者が踏み込むことを許さず、凡打を誘う。イニングイーターとして、首脳陣の信頼は厚い。

 

バルデス タフなベテラン助っ人

テークバックの小さなフォームが特徴の助っ人左腕。速球とスライダーのコンビネーションで打者を抑える。半袖でマウンドに上がり、中4日登板もいとわないタフさも魅力。

 

若松駿太 伸びしろ無限の本格派

丁寧なピッチングで相手を打ち取る若手右腕。カーブとチェンジアップを武器とし、コーナーワークも高いレベルを誇る。高校時代は土木科に所属し、重機を自在に操る特技も。

 

山井大介 遅咲きゴーグルエース

粘り強いチームに勝利を呼ぶ先発右腕。36歳にして初の最多勝を獲得した、遅咲きの苦労人。ゴーグルがトレードマークで、表情を変えず淡々と投げ込む姿が印象的。

 

吉見一起 完全復活の精密機械

抜群の制球力で打者を抑え込む精密機械。かつては5年連続2ケタ勝利を記録するなど、チームの黄金期を支えた。右肘手術からの完全復活を誓い、再びエースの座に返り咲く。

 

野本圭 ここぞで輝く勝負師

勝負強いバッティングでチームに歓喜を呼ぶ好打者。球際に強い外野守備も魅力で、ダイビングキャッチもしばしば敢行する。長野久義とは社会人時代からの良きライバル。

 

井領雅貴 3拍子揃った新戦力

7年にわたる社会人生活から満を持してプロ入りを果たした外野手。走攻守3拍子そろうバランスの良さで、即戦力の呼び声が高い。実践で結果を残せる勝負強さが最大の武器。

 

平田良介 飛距離抜群の和製大砲

豪快なフォロースルーでスタンドへ運ぶ右の大砲。現GM落合博満氏に「オレ以上の逸材」と言わせるほどの豊かな才能を持つ。強肩を生かした右翼守備も一見の価値あり。

 

松井佑介 パワーで見せる挑戦者

強肩強打で鳴らす右の外野手。豪快なフォロースルーで長打を放ち、守りではレーザービームを見せつける。高校時代には、地方予選で平田良介と甲子園出場権を争った。

 

工藤隆人 スピーディー渡り鳥

自慢のスピードを生かした走塁が持ち味の小兵外野手。守備範囲の広さもチーム屈指で、フェンス側の打球も恐れずに飛び込む。4球団を渡り歩くジャーニーマンでもある。

 

大島洋平 不動のリードオフマン

俊足巧打でチームをけん引する中日のセンター。リードオフマンとして、難敵攻略への突破口を切り開く。スピード感にあふれ、盗塁や内野安打の多さも特徴だ。

 

ナニータ 尊きドミニカン

柔らかなバッティングで左右に打ち分ける好打者。ミート力も高く、コンスタントに安打を放つ。2013年のWBCでは、ドミニカ代表の一員として優勝に貢献した経験も。

 

藤井淳志 地元で魅せる孝行息子

チーム屈指の身体能力が持ち味のスイッチヒッター。はつらつとしたプレースタイルと鉄砲肩で、ファンを魅了する。スマートな外見と国立大卒の頭脳を併せ持つ万能選手。

 

堂上直倫 嗅覚冴える堅実選手

地元出身のスター候補として期待をかけられる内野手。安定したスローイングと、複数のポジションをこなす器用さが持ち味。高校時代は世代屈指の強打者として、注目を浴びた。

 

三ツ俣大樹 一発長打を秘めた大器

安定したフィールディングが武器の若き内野手。高校時代のピッチャー経験を生かした強肩も魅力。トレードでやってきた名古屋の地で、豊かなポテンシャルを発揮させたい。

 

亀澤恭平 売り出し中のド根性男

アグレッシブなプレーでナインを盛り上げるバイプレーヤー。職人かたぎの多い中日において、その天性の明るさは貴重。又吉克樹は大学と独立リーグ時代の後輩にあたる。

 

荒木雅博 衰え知らずの名二塁手

長年にわたり中日を支えてきた名二塁手。若々しいプレーと、まるで飛んでいるかのようなヘッドスライディングが持ち味。縦横無尽に動き回る守備範囲の広さもいまだ健在だ。

 

福田永将 待ちわびた和製大砲

プロ9年目にして才能が開花した右の長距離砲。フォロースルーの大きなスイングで鮮やかな放物線を描く。捕手出身らしく、柔らかなハンドリングを生かした守備も持ち味。

 

森野将彦 竜のクラッチヒッター

鋭いライナー性の打球で、外野の間を切り裂く左のスラッガー。チャンスで無類の強さを発揮し、相手を震え上がらせる。一塁守備でも好反応を見せ、ピッチャーを援護する。

 

武山真吾 屈強な強肩捕手

強肩自慢の中堅キャッチャー。中日では出場機会を増やし、3年ぶりとなる一発を放つなど存在感を発揮。地元・名古屋出身で、高校時代は大島洋平とバッテリーを組んでいた。

 

松井雅人 次世代の司令塔

次代の司令塔として期待をかけられる生え抜き捕手。強肩を生かしたスローイングが最大の武器。課題の打撃とインサイドワークを鍛え、誰もが認める存在を目指す。