芸術的トマソン

私には何もありません。

「ファミスタリターンズ」ソフトバンク選手紹介文まとめ

 

 

二保旭 進化を続ける博多っ子

キレのある直球と多彩な変化球が持ち味の救援右腕。堂々としたマウンドさばきで、ブルペン陣に欠かせない存在となった。地元出身の投手として、今後もチームを支える。

 

飯田優也 強気な投げっぷり

勢いのあるボールで打者に向かっていくサウスポー。制球に課題を残すが、マウンド度胸は一級品。直球とスライダーのコンビネーションで、先発・救援ともにこなす。

 

嘉弥真新也 魔球の使い手

中継ぎとして活躍するサウスポー。多彩な変化球を使って的を絞らせないピッチングが得意で、特にカーブは必見。小柄だが、それを補って余りある投球術を披露する。

 

バリオス 苦労人セットアッパー

育成枠からはい上がってきた中継ぎ助っ人。150キロを超える速球と多彩な変化球を武器としている。最終回までのつなぎ役として、頼りになる投手だ。

 

寺原隼人 剛柔自在の投球術

高校時代から剛速球で鳴らしたベテラン右腕。変化球も高いレベルを誇り、試合をつくる能力に優れている。層の厚い先発陣に割って入り、健在ぶりを示す。

 

森唯斗 気合のカットボーラー

若くして頼れる中継ぎ投手になった右腕。ストレートとカットボールを武器とする速球派で、制球力にも優れている。安定感抜群のピッチングで、チームの火消し役を担う。

 

五十嵐亮太 米国産ナックルカーブ

衰えない速球を武器とする投手。緩急をつけるナックルカーブも抜群の威力を誇り、打者をきりきり舞いさせる。安心してマウンドに送りこめるタフなセットアッパーだ。

 

東浜巨 速球本格派右腕

大学No.1投手と呼ばれた右腕。多彩な変化球を駆使し、打者に的を絞らせない投球術が持ち味。さらなる経験を積めば、エースとして君臨することも夢ではない。

 

武田翔太 緩急イリュージョン

次世代のエースとして期待される若手右腕。縦に大きく割れるカーブが武器で、それ以外の変化球も一級品。直球にも力があり、好調時は手がつけられないほどの投球を見せる。

 

中田賢一 地元で返り咲く暴れ馬

フォークを武器に多くの三振を奪う先発右腕。大胆な投球が魅力で、打者に的を絞らせない荒れ球が特徴的。

 

大隣憲司 隅を射抜く精密左腕

抜群の安定感を見せる先発サウスポー。右打者の内角を大胆に攻めるクロスファイアーが魅力であり、生命線といえる。難病からの復活を遂げた、不屈の精神の持ち主。

 

江川智晃 天性の大飛球

パンチ力あふれるバッティングが魅力の外野手。主に代打などで起用されているが、スタメンで出場を続けたシーズンもある。足も速いが、盗塁はそれほど多くない。

 

長谷川勇也 寡黙なヒットメーカー

リーグ屈指のアベレージヒッター。シーズン198安打を放ったこともあるほどの優れたミート力を持っている。選球眼が良く、出塁率が高い点も特徴の一つ。

 

中村晃 鷹の安打製造機

類いまれな打撃センスを持つアベレージヒッター。外野だけでなく、ファーストも守れる起用な選手である。左脇をクネクネと動かすバッティングフォームも特徴。

 

福田秀平 鷹のスプリンター

走塁のスペシャリスト。とにかく足が速く、スライディング技術にも優れている。盗塁の連続成功記録を所持するなど、大事な局面でも相手の脅威をくぐり抜けている。

 

塚田正義 赤丸急上昇スラッガー

高い身体能力を誇る期待のスラッガー候補。3拍子そろった活躍を見せており、将来的にはレギュラーも夢ではない。もともとは内野を守っていたが、外野手に転向した。

 

城所龍磨 終盤のヒーロー

代走と守備固めで活躍するスペシャリスト。打席に立つ機会はほとんどないが、試合終盤に出場して渋い働きを見せる。チームを陰から支えるバイプレーヤーだ。

 

高田知季 急成長の準レギュラー

内野の全ポジションをこなす守備力が売りのマルチプレーヤー。代打として出場することもあり、活躍の幅を広げている。大学では、現在もチームメイトの東浜巨と同期だった。

 

川島慶三 不撓不屈の勝負人

俊足と巧打を兼ね備えた内野手。パンチ力のある打撃も魅力で、過去にシーズン2ケタ本塁打を記録したこともある。甘いマスクの持ち主で、女性ファンも多い。

 

明石健志 腕利き万能プレーヤー

ソフトバンクきっての万能プレーヤー。内外野を守ることができ、走塁のうまさも抜群。野手の間を破る打球を多く打ち、「ミスタースリーベース」の異名をとったことも。

 

本多雄一 激走全力プレーヤー

ベース間を華麗に走る鷹のスピードスター。柔軟なバッティングも得意で、安定して打率を残すことができる。守備では派手なダイビングキャッチでファンを魅了。

 

カニザレス 出番待つ強打の助っ人

強打の助っ人一塁手。スペイン代表としてWBCに出場した経歴を持つ。チーム有数の長距離砲。外国人枠の関係で出番は多くないが、与えられたチャンスを生かしていきたい。

 

松中信彦 再起を期す三冠王

大ベテランの域に差しかかった左のスラッガー。過去に三冠王に輝いたことがあり、速球に力負けしない打撃は健在。同僚の松坂大輔が西武在籍時には、多くの名勝負を演じた。

 

吉村裕基 ひと振りで決める男

恵まれた体格から長打を飛ばす強打者。初球から振っていく積極的なバッティングが持ち味だが、多くの四球を選ぶ一面も。内野と外野をこなせる点も長所の一つ。

 

李大浩 アジアの怪力大砲

韓国からやってきた打率を残せる助っ人大砲。100キロを超える巨体と長い腕を器用に使い、ボールをスタンドへと運ぶ。左投手に強く、引っ張った打球が多い点が特徴的だ。

 

鶴岡慎也 九州男児の男気リード

安定したキャッチングとスローイングに定評がある捕手。本塁突入を防ぐブロックもうまく、走者の生還を許さない。誰にでも慕われる明るい性格も長所の一つだ。

 

細川亨 百戦錬磨の頭脳

チームをけん引する扇の要。強肩と慎重なリードを武器としており、その能力は野村克也氏も舌を巻くほど。激しい正捕手争いを勝ち抜き、チームを優勝へと導きたい。