芸術的トマソン

私には何もありません。

なんとなく察した。俺たぶんバイト契約のままっぽいな。
自分で選んだ道だけども、やっぱり厳しいな。

時おり、自分をこんなめに合わせてきた人たちを恨むし女性や人間全体に怒るけど、時おり、皆が幸せであればいいと思う。

ふと冷静に考えると、生きている意味の無さに気がつく。なのに、すがり付いてでも生きるしかないと思うときがある。

あらゆる面において、自分の努力が足りないことに気がつく。でも、体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいだったりする。

このまま愛することも、愛されることもなく生きていく、のか。